結婚式の日取りが決まると、やることがいっぱい!
仕事も、家事も、結婚式の準備も・・・そんな忙しいあなたにも、うけてほしいのが「ブライダルシェービング」です。
エステまでは通う余裕がないという方も、たった一度でいいことがたくさんなので、要チェックですよ!

ブライダルシェービングとは

憧れのウェディングドレスを美しく着るため、花嫁さんたちの間ではマストになっているシェービング。
背中や腕が大きく露出するドレスが多いため、もはやエチケットとなりつつあります。
特に写真撮影のときなどは、ゲストの方との距離が近くなるので、自分では見えない部分までプロのケアを受けたいところ。
でも肌が弱かったり、金属アレルギーだったり、事情は色々ですよね。

結局のところ、ブライダルシェービングは受けたほうがいいのかまとめてみました!

ブライダルシェービングの種類

主に、二種類の施術方法があります。
・レザーシェービング
カミソリを使っておこなう、本格的なシェービングです。
よく床屋さんの風景にあるような、男性のひげそりのイメージに近いです。
技術が必要なぶん、資格を持ったプロしか施術をすることができません。
肌への負担は多少ありますが、いらない角質までキレイにしてくれるため、肌がなめらかになります。

・ソフトシェービング
電動のシェーバーを使った脱毛です。
こちらは刃が直接肌に触れないので、資格を持っていないエステティシャンでも施術可能です。
肌への負担もほとんどないので、肌荒れしやすい、肌が弱いといった方も比較的安心です。

ただ、仕上がりはセルフケアとあまり変わりはないと言っていいでしょう。

自分の肌の状態にあわせて、施術方法を選びましょう。

ブライダルシェービングを受ける時期は?

エステは、なるべく早くからケアを始めるに越したことはないのですが、シェービングの場合はどうなのでしょう。

実は、施術方法によって最適な時期が変わるんです!
レザーシェービングは、細かいうぶ毛もいらない角質もキレイに除去してくれます。
そのため、剃った直後のお肌はかなり敏感。
しかも、うぶ毛を失った肌は自分を守ろうと、皮脂を多めに分泌します。
結果、テカりやすい状態になってしまうんです。
そのため、万が一の肌トラブルに備えても、式の7日~5日前に施術を受けるのが一般的なようです。

一方ソフトシェービングは、リスクも低め。
肌への負担が少ない分、新しく毛がはえてくるスピードも少し早いため、式の3日~1日前が適切です。
せっかくシェービングを受けても、当日まで同じコンディションを保てなければもったいないですもんね。
大切な肌のため、予約の際には必ず自分の肌の状態を伝えましょう。

ブライダルシェービングを受けるメリット

・肌がワントーン明るくなる
通常のシェービングの場合、カミソリを使用するのでうぶ毛だけでなく、ムダな角質まで取り除いてくれます。
そのため、くすみが解消してワントーン明るい肌になるんです!
普段、顔のうぶ毛を処理していない方は、よりその効果を感じることができます。

・化粧ノリがよくなる
うぶ毛がなくなる分、下地やファンデーションのつきかたが全く変わってきます。
肌にフィットして、化粧くずれもしにくくなりますよ。
結婚式当日は二次会もあり、朝から晩までお化粧しておかないといけないという方が多いと思います。
朝の化粧ノリが一日を左右するといっても過言ではありませんよ~!

・自信がつく
顔や腕のシェービングはセルフでできても、背中やうなじはなかなか難しいもの。
かといって旦那さんや友人に頼むのも、なんだか恥ずかしいですよね。
そんなときは、プロの手を借りるのが一番です!

特に写真を撮る時など、自分の後ろにゲストがくる場面があります。
そんなとき、何もケアをしていないと
「背中の毛、大丈夫かな・・・?」
「うなじ、綺麗にみえてるかな・・・?」
などといった心配が浮かぶものです。

人生で一番写真を撮られる日といっても過言ではありません!
360度、自信を持てるようにしましょう。

迷ったらやるべきなブライダルシェービング

美しいドレスに腕を通すのですから、自分も納得できる美しい姿でありたいですよね。
「やっぱりやればよかったなぁ」と後悔が残ってしまってはもったいないので、迷った場合は、是非施術を受けることをオススメします。

ただ、先輩花嫁さんの中には
「化粧ノリが変わると言われたけど、違いがわからなかった」
「そもそも毛が薄いので必要なかった」
という方もいらっしゃいます。
式場のヘアメイクさんや、仲の良い友人に意見をきいて判断してみるのもいいかもしれませんね。

  • ブライダルシェービングって何?やったほうがいいの?
  • ブライダルエステのメリットは?
  • ブライダルエステの相場と開始時期は?直前でも大丈夫?
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。